検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Shape coexistence in $$^{68}$$Ni

$$^{68}$$Niにおける変形共存

Suchyta, S.*; Liddick, S. N.*; 角田 佑介*; 大塚 孝治*; Bennett, M. B.*; Chemey, A.*; 本間 道雄*; Larson, N.*; Prokop, C. J.*; Quinn, S. J.*; 清水 則孝*; Simon, A.*; Spyrou, A.*; Tripathi, V.*; 宇都野 穣; VonMoss, J. M.*

Suchyta, S.*; Liddick, S. N.*; Tsunoda, Yusuke*; Otsuka, Takaharu*; Bennett, M. B.*; Chemey, A.*; Homma, Michio*; Larson, N.*; Prokop, C. J.*; Quinn, S. J.*; Shimizu, Noritaka*; Simon, A.*; Spyrou, A.*; Tripathi, V.*; Utsuno, Yutaka; VonMoss, J. M.*

中性子過剰核$$^{68}$$Niは、陽子数28の魔法数と中性子数40の小さな殻ギャップを有する二重閉殻核の一つであり、その基底状態は球形であるとされている。その第一励起状態は通常の偶偶核で見られるような$$2^+$$ではなく、二重閉殻核の特質といえる$$0^+$$であるとされているが、その励起エネルギーの値には大きな不定性があった。この研究では、ミシガン州立大の超伝導サイクロトロンを用い、$$^{68}$$Coからの$$beta$$崩壊とそれに伴う電子対エネルギーの測定から、$$^{68}$$Niの第一励起$$0^+$$状態の励起エネルギーを精度よく測定することに成功した。従来の励起エネルギー1770(30)keVは正確ではなく、1605(3)keVであることがわかった。モンテカルロ殻模型計算による大規模核構造計算をもとに、この$$0^+$$状態はオブレート変形しているという新しい描像を提示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:2.66

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.