検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

アルミナ蛍光板及び光ファイバを用いた高線量率$$gamma$$線計測システムの開発

Development of high-dose rate $$gamma$$-ray measurement system using alumina scintillator and radiation-resistant optical fiber

石川 高史; 伊藤 敬輔; 内藤 裕之; 伊藤 主税; 関根 隆

Ishikawa, Takashi; Ito, Keisuke; Naito, Hiroyuki; Ito, Chikara; Sekine, Takashi

福島第一原子力発電所の格納容器・圧力容器内の$$gamma$$線計測を目指し、Al$$_{2}$$O$$_{3}$$の多結晶体にCr$$_{2}$$O$$_{3}$$を0.4%含有させたアルミナ蛍光板のシンチレーション光をフッ素を添加した高純度石英光ファイバで伝送することにより、10$$^{0}$$$$sim$$10$$^{4}$$Gy/hまで遠隔計測可能なシステムを開発している。$$gamma$$線照射試験の結果から、アルミナ蛍光板の発光と光ファイバの発光とを分離して計測できる見込みである。また、アルミナ蛍光板厚さ0.1mm$$sim$$0.5mmの範囲で、厚さに対する発光量が概ね比例する結果が得られた。さらに、線量率の増加に伴い、アルミナ蛍光板の発光量も増加する傾向が見られ、発光量により$$gamma$$線量率が測定できる見通しを得た。今後、この結果を踏まえ計測システムを検討し、試作機を製作してその性能を評価するとともに、耐放射線性を把握してシステムの適用性を評価する予定である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.