検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Search for pentaquark $$Theta^+$$ in hadronic reaction at J-PARC

J-PARCでのハドロン生成反応でのペンタクォーク生成

成木 恵*; 杉村 仁志; 今井 憲一; 市川 裕大 ; 細見 健二 ; 他68名*

Naruki, Megumi*; Sugimura, Hitoshi; Imai, Kenichi; Ichikawa, Yudai; Hosomi, Kenji; 68 of others*

J-PARCにおいてペンタクォーク探索実験を行った。測定方法として($$K^-,pi^-$$)方法が用いられ、これまでのSPring-8で行われた光生成反応とは違う反応である。ハドロン反応のほうがより直接的な反応のため、より有意なデータが提供できた。結果として、ペンタクォークは確認できず、生成断面積として、0.26$$mu$$b/srの上限値を与えた。このことにより、SPring-8との違いが考察され、生成反応の違いにより断面積も違うという結果が分かった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:22.1

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.