検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ウラン鉱床の分布と産状からみたわが国の地質環境の長期安定性および天然バリアとしての機能

Long-term stability and function as a natural barrier of various geological environments in Japan from the perspective of uranium deposits

笹尾 英嗣  

Sasao, Eiji

わが国の高レベル放射性廃棄物の地層処分概念では、地質環境には長期的な安定性、人工バリアの設置環境および天然バリアとしての機能が期待されている。本研究では、ウラン鉱床を地層処分システムのアナログとみなして、わが国の地質環境がこれらの機能を有することの例証とするため、わが国のウラン鉱床の分布と母岩に関する情報をまとめた。ウラン鉱床は様々な年代の地質体に胚胎し、ウランの大部分は粘土,褐鉄鉱などに収着して存在すること、酸化帯では二次鉱物としてウランが固定されていることがわかった。ウラン鉱床を保存してきた地質環境は地質学的な時間スケールで安定に還元環境を保持してきたと推定されることから、地層処分に適した地質環境は広く分布することが示唆される。さらに、ウランの産状からは天然バリア機能の一つである核種の移行を遅延する機能が示唆されることから、日本列島の様々な地質環境において天然バリア機能が期待される。

This study utilizes information on the uranium deposit as an analogue of the long-term stability and function as the natural barrier system of the geological environments in Japanese island. Information on distribution and mode of occurrence of uranium deposit was compiled from the published data. Distribution of uranium deposit suggests that geological environments suitable for geological isolation are widely distributed in the Japanese Islands, despite their location in a geologically active area. The mode of occurrence of the uranium deposits indicates that formation of uranium-bearing mineral as well as sorption is expected in both sedimentary and crystalline rocks. The functioning of the natural barrier would be expected in various geological environments in the Japanese Islands, because mineralization and sorption are regarded as a barrier function to retard the migration of radionuclides in HLW, and because of the uranium deposits in the various rock types.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.