検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Covariance of neutron cross sections for $$^{16}$$O through R-matrix analysis

R行列解析に基づく$$^{16}$$Oの中性子核反応断面積共分散

国枝 賢; 河野 俊彦*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; 柴田 恵一; 深堀 智生

Kunieda, Satoshi; Kawano, Toshihiko*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; Shibata, Keiichi; Fukahori, Tokio

R行列理論で計算される散乱行列はユニタリであるため、核構造パラメータや断面積の振る舞いに強い物理拘束を与える。本研究では、中性子共鳴領域における$$^{16}$$O断面積を評価することを目的として、複合核$$^{17}$$Oに対するR行列理論解析を行った。また、決定論的手法を用いて断面積や角度微分断面積に対する共分散を推定した。既存の評価済データでは一部の測定データのみから推定された大雑把な誤差が与えられている一方、本解析により推定された断面積および共分散は測定データのみならずR行列理論における物理拘束をよく反映した特徴的な値となっている。したがって、測定および理論双方に矛盾の無い現実的な結果を与えていると考えられる。

The collision matrix in the R-matrix theory is unitary, hence theory brings strong constraints to behavior of the parameters. An unitarity-imposed R-matrix analysis is carried out for $$^{17}$$O system to evaluate $$^{16}$$O neutron cross-sections in the resolved resonance range. Covariance matrices are also estimated both for the cross-sections and angular distributions with a deterministic method. Present results mirror the nature in the theory as well as experimental information.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:63.39

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.