検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

粒子ベースボリュームレンダリングによる大規模データの可視化技術

Visualization technique for large-scale data using particle based volume rendering

河村 拓馬; 井戸村 泰宏; 宮村 浩子; 武宮 博

Kawamura, Takuma; Idomura, Yasuhiro; Miyamura, Hiroko; Takemiya, Hiroshi

スーパーコンピュータ上の大規模データをボリュームレンダリングで可視化することは、複雑なデータを解析し知見を得るために重要であるが、従来のクライアント/サーバ可視化システムでは可視化処理速度やデータ転送量の点問題があった。粒子ベースボリュームレンダリングを利用した遠隔可視化システムは、ボリュームデータをサイズの小さい可視化用粒子データに変換することで、対話的な可視化が可能なシステムである。粒子データの生成に、京やBX900等のスーパーコンピュータを利用することで、一億要素のデータを数秒で処理し、約1000並列までのストロングスケーリングを示した。

However remote volume visualization is important to obtain knowledge from complicated large-scale simulation results on supercomputer, the rendering speed and data transfer speed becomes bottleneck of the conventional Client/Server volume visualization techniques. Client/Server visualization system using particle-based volume rendering enables interactive volume visualization, which converts the original volume data to small size light particle data utilizing the supercomputer and transfer the data to Client PC. This system generated the particle data at a few seconds using parallel process on supercomputer Kei with strong scaling till 1000 processers.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.