検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延URLにおける人工バリアの性能確認試験,8; 緩衝材中の計測計画

The In-situ experiment for verification of performance of engineered barrier system in Horonobe Underground Research Laboratory, 8; Plan of measurement for buffer material

白瀬 光泰*; 城 まゆみ*; 本島 貴之*; 丹生屋 純夫*; 中山 雅; 棚井 憲治

Shirase, Mitsuyasu*; Jo, Mayumi*; Motoshima, Takayuki*; Niunoya, Sumio*; Nakayama, Masashi; Tanai, Kenji

幌延URLの深度350m調査坑道で実施する、人工バリア性能確認試験では、実物大の模擬人工バリアを設置し、坑道の埋め戻しまでを行う計画である。本試験では、緩衝材内に腐食電位計,土圧計,間隙水圧計等を設置するとともに、比抵抗トモグラフィにより緩衝材への地下水の浸潤状況を計測する計画である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.