検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

JAEA-AMS-MUTSUの現状

Status of JAEA-AMS-MUTSU

桑原 潤; 木下 尚喜; 濱田 昭夫; 飛内 万史; 関 武雄

Kuwabara, Jun; Kinoshita, Naoki; Hamada, Akio; Tobinai, Kazuhito; Seki, Takeo

日本原子力研究開発機構バックエンド研究開発部門青森研究開発センターむつ事務所タンデトロン加速器質量分析装置(JAEA-AMS-MUTSU: High Voltage Engineering Europe製Model 4130-AMS)は、最大加速電圧3MVのタンデム型加速器と炭素及びヨウ素同位体比測定用の2本のビームラインから構成されている。炭素とヨウ素の定常測定はそれぞれ平成11年12月、平成15年5月から開始され、平成18年度からは供用施設となり、原子力機構内外の種々のテーマでの利用に供している。本発表では、平成25年度までの運転状況及び位置制御モーター制御不良をはじめとするイオン源部での最近のトラブル事例について報告する。

A Tandetron AMS system (JAEA-AMS-MUTSU) at Mutsu Office, Aomori Research and Development Center, Sector of Decommissioning and Radioactive Waste Management, JAEA, installed in 1997, has composed of 3 MV tandem accelerator and two beam lines (carbon and iodine). Status of the JAEA-AMS-MUTSU and trouble cases about ion source are reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.