検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Influence of boron vapor on transport behavior of deposited CsI during heating test simulating a BWR severe accident condition

BWRのシビアアクシデント条件を模擬した加熱試験における沈着CsIの移行挙動に対するホウ素蒸気の影響

佐藤 勇; 大西 貴士; 田中 康介; 岩崎 真歩; 小山 真一

Sato, Isamu; Onishi, Takashi; Tanaka, Kosuke; Iwasaki, Maho; Koyama, Shinichi

沈着したCsIに対するホウ素の影響を確かめるために基礎的な試験を実施した。CsIを1323Kで蒸発させ、1023Kから423Kの温度に保持されたサンプリングパーツへ沈着させた。引き続き、1973KでB$$_{2}$$O$$_{3}$$を蒸発させ、沈着したCsIに作用させた。加熱試験後、サンプリングパーツをアルカリ溶液に浸漬させ、浸漬液に対してICP-MS分析を行った。その結果、850K以上に保持されているサンプリングパーツに沈着しているCsIはB$$_{2}$$O$$_{3}$$によって引き剥がされていることがわかった。この挙動について熱力学的に議論し、シビアアクシデント時におけるCs/I/B化学を検討した。

We observed one of the simplified processes by conducting primitive experiments. CsI was heated at 1323 K to be vaporized and deposited on sampling parts with a temperature range of 1023 - 423 K and then B$$_{2}$$O$$_{3}$$ was vaporized at 1973 K to be reacted with Cs/I there. After heating tests, each sampling part was soaked into alkali water to dissolve the surface-deposits for ICP-MS analysis. The results showed that CsI deposited at the sampling parts kept above approx. 850 K was striped by B$$_{2}$$O$$_{3}$$ vapour. This behaviour will be thermodynamically discussed to study the Cs/I/B chemistry in the severe accidents.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.