検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

即発$$gamma$$線分析

Prompt $$gamma$$-ray activation analysis

藤 暢輔 

Toh, Yosuke

中性子を試料に照射すると、試料に含まれている元素固有の$$gamma$$線(即発$$gamma$$線)が発生する。それをゲルマニウム検出器で測定することにより、試料に含まれている元素を一度に解析することができる。この原理に基づく元素分析法を即発$$gamma$$線分析(PGA)と呼び、様々な分野の試料に用いられている。本発表ではPGAの基礎として、その原理から解析の方法までを解説するとともに、その分析事例を紹介する。また、最新の即発$$gamma$$線分析装置であるJRR-3のMPGA装置、J-PARCのANNRI装置の概要について紹介し、それらの装置を用いることで可能となる多重即発$$gamma$$線分析及び飛行時間法を適用した多重即発$$gamma$$線分析の原理と特徴などについて述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.