検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

無人飛行機モニタリングシステムUARMS用放射線検出器の開発と適用試験

Development and application test of radiation detector for the UARMS

眞田 幸尚  ; 山田 勉; 石橋 聖; 鳥居 建男

Sanada, Yukihisa; Yamada, Tsutomu; Ishibashi, Satoshi; Torii, Tatsuo

原子力機構では宇宙航空開発機構と共同で無人飛行機を用いた放射線モニタリングシステムの開発を行っている。無人飛行機は、現在、福島第一原子力発電所周辺でモニタリングに使用している無人ヘリコプターと比較し、長時間及び長距離のフライトが可能であり、緊急時にも遠隔で迅速にモニタリングできるメリットがある。本発表では、無人航空機で想定されるミッションに合わせた検出器の開発と事故の影響のある福島県で実施した適用試験の結果について述べる。

The Great East Japan Earthquake that occurred on March 11, 2011, generated a series of large tsunami waves that caused serious damage to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, following which a large amount of radioactive material was discharged from the nuclear power plant into the environment. In JAEA and JAXA, UARMS (Unmanned Airplane Radiation Monitoring System) was developing as collaborative research. Here, we report about an aerial radiation monitoring technology for UARMS.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.