検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「もんじゅ」炉心管理に用いる3次元拡散燃焼計算コードHIZERの整備

Development of three-dimensional diffusion and burn-up code HIZER for Monju core management

加藤 慎也 ; 下本 善彦; 加藤 優子; 北野 彰洋 

Kato, Shinya; Shimomoto, Yoshihiko; Kato, Yuko; Kitano, Akihiro

炉心管理運用コードシステム(以下、「炉心管理システム」という)は、原子炉の管理・運用に必要なデータ管理、解析実行、編集作業を一元的に制御することで業務の効率化を図ることを目的としたシステムである。炉心管理システムは、入力定数作成、核熱特性解析、放射線解析、炉心健全評価、炉心運用解析の5つのモジュールシステムから構成される。これらのうち、核熱特性解析モジュールシステムには、専用に開発した3次元拡散燃焼計算コードHIZER(以下、「HIZER」という)が組み込まれている。HIZERにより、「もんじゅ」の設計仕様、運用計画に特化した核特性解析が可能となり、「もんじゅ」炉心に対して高精度かつ高効率な核特性評価を実施することが可能となっている。本レポートではHIZERの計算方法及びHIZERの計算値の妥当性確認について述べる。

The core management and operation code system aims to perform core management task efficiently by systematic management of data, analyses and edits, which are needed in the reactor core management and operation. The system consists of the five calculation modules: the reactor constant generation module, the neutronic-thermal calculation module, the radiation analysis module, the core structural integrity estimation module, and the core operation analysis module. In these modules, the neutronic-thermal calculation module is based on the dedicated three-dimensional diffusion and burn-up code HIZER. HIZER can execute core calculations easily for specific design specification and operation patterns of Monju, enabling efficient and accurate evaluation of the Monju core characteristics. This report describes its calculation method and validation results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.