検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

トカマクプラズマにおけるディスラプション時の逃走電子生成過程のフォッカープランクシミュレーション

Fokker-Planck simulation of the runaway electron generation in tokamak disruption

奴賀 秀男; 松山 顕之; 矢木 雅敏; 福山 淳*

Nuga, Hideo; Matsuyama, Akinobu; Yagi, Masatoshi; Fukuyama, Atsushi*

ITERを含む将来の大型トカマクでは、ディスラプション時に発生する大量の逃走電子が第一壁と衝突することによって装置寿命に悪影響を及ぼすと考えられている。したがって、逃走電子発生のメカニズムを明らかにすることはディスラプション制御手法を開発する上で重要な役割を果たす。本研究では、運動論的輸送コードであるTASK/FPを用いて熱クエンチ時に発生する速度分布のテイル形成の影響を考慮した逃走電子電流と誘導電場の時間発展を自己無撞着に解析し、運動論的な効果による影響を評価する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.