検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

PHITSシミュレーション結果の4次元可視化・解析ツールの開発

Development of software tools for 4-D visualization and quantitative analysis of PHITS simulation results

古高 和禎

Furutaka, Kazuyoshi

放射線輸送シミュレーション・コードPHITSにより得られた結果を4次元(3次元空間+時間)可視化することにより、シミュレーション結果の定量的理解を容易にし、それを用いた装置開発を促進することを目的として、ソフトウェア・ツールを開発した。実用に堪えるツールを可能な限り早く使用に供するために、使用可能な既存のソフトウェアを最大限活用することにし、可視化にはParaViewを、解析にはROOTを用いることにした。そして、PHITSによるシミュレーション結果をParaViewで可視化することができるようにするために、データ形式の変換ツール及び可視化を簡単化するツール(angel2vtk, DispDCAS1, CamPos)を作成した。一方、dieawayプロットの解析のためには、ROOTを利用したソフトウェア、dianaを作成した。

A suite of software tools has been developed to facilitate the development of apparatus using a radiation transport simulation code PHITS by enabling 4D visualization (3D space and time) and quantitative analysis of so-called dieaway plots. To deliver useable tools as soon as possible, the existing software was utilized as much as possible; ParaView will be used for the 4D visualization of the results, whereas the analyses of dieaway plots will be done with ROOT toolkit with a tool named "diana". To enable 4D visualization using ParaView, a suite of tools (angel2vtk, DispDCAS1, CamPos) have been developed for the conversion of the data format to the one which can be read from ParaView and to ease the visualization.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.