検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」廃止措置プロジェクトにおける解体シナリオの最適化検討,2

A Study on optimization of dismantling scenarios in Fugen decommissioning project, 2

香田 有哉; 手塚 将志; 柳原 敏*

Koda, Yuya; Tezuka, Masashi; Yanagihara, Satoshi*

廃止措置を安全かつ合理的に実施するためには、解体対象とする設備・機器等の重量・汚染形態や作業内容を考慮した上で、事前に複数のシナリオを計画し、その中から最適シナリオを選択することが重要である。このため、原子炉廃止措置研究開発センター(ふげん)で計画している解体撤去作業を対象に、作業人工数、被ばく線量、廃棄物量の各種管理データを指標として、最適なシナリオの評価方法について検討した。本検討では、評価対象解体シナリオの高精度化を図るため、先に構築した簡易解体シナリオの問題点を洗い出し、より現実的な解体シナリオへの見直し、線量マップの詳細化、最適解体シナリオ選択評価方法の検討、解体時の機器内部線量評価(モンテカルロ法を用いた評価)等を行い評価精度の向上を図った。

In this study, in order to achieve high accuracy of the evaluated dismantling scenario, review of realistic dismantling scenario identify the problems of the simple dismantling scenario, details of the dose map, consider the optimal dismantling scenario selection evaluation method (weighted, points with, etc.), I tried to improve the assessment accuracy make such equipment internal dose assessment at the time of dismantling (evaluation using the Monte Carlo method).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.