検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地下深部の花崗岩に分布するマイクロクラックとその影響に関する検討

Study on influence of microcrack distributed in granite at deep depth

佐藤 稔紀; 桑原 和道; 高山 裕介; 丹野 剛男*; 板本 昌治*; 加藤 春實*

Sato, Toshinori; Kuwabara, Kazumichi; Takayama, Yusuke; Tanno, Takeo*; Itamoto, Masaharu*; Kato, Harumi*

日本原子力研究開発機構では、岐阜県瑞浪市の瑞浪超深地層研究所において深部地質環境に関する調査研究を実施している。研究所は2本の立坑と複数の水平坑道群からなる地下施設で、現在、深度500mまで掘削が進んでいる。研究の対象は花崗岩であり、複数の鉱物から構成される花崗岩には方向によって卓越するマイクロクラックが存在し、発破やボーリングによる応力解放によって、これらが弾性的あるいは非弾性的な挙動を示すことがある。本報告では、深度500mで実施した初期応力測定(円錐孔底ひずみ法)、コアを用いた一軸繰返し試験および詳細な弾性波速度測定の結果を示し、岩石に含まれるマイクロクラックが初期応力や物性値に与える影響について検討した結果を示す。

This paper shows the results of in-situ stress measurement, uniaxial load and unload test, P-wave velocity measurement at the Mizunami Underground Research Laboratory. As the results of these measurements, microcrack distributed in Granite at deep depth influences physical and mechanical properties of rock and in-situ stress state.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.