検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

島根県津和野地域に分布する高塩濃度地下水の地球化学的特徴と湧出機構

Geochemical features and the flow system for saline mineral spring at the Tsuwano Town, Shimane Prefecture

村上 裕晃; 田中 和広*

Murakami, Hiroaki; Tanaka, Kazuhiro*

島根県津和野地域では、塩濃度の高い鉱泉水がガスを伴い自噴している。この高塩濃度流体について、湧出箇所と地化学的特徴を調査した。津和野地域の鉱泉水は最大で海水の約半分の塩濃度を示す。自噴するガスは二酸化炭素が主成分である。これらの特徴に加え、鉱泉水の水素・酸素同位体比は天水線から外れる組成を示し、希ガス同位体比からマントル由来のヘリウムの混入が示唆される。これらの地化学的特徴と周辺の地質構造から津和野地域の高塩濃度流体の成因を考察すると、地下深部から供給される流体が含まれていると考えられる。しかし、津和野地域の高塩濃度流体に深部流体が含まれているとしても、その寄与量は最大でも4分の1程度である。また、高塩濃度流体の指標となる塩化物イオンのフラックスが活断層周辺で最も高いことから、高塩濃度流体は活断層を主要な水みちとして移動していると推測される。ただし地表付近において、高塩濃度流体は活断層周辺の亀裂も利用していると考えられる。

This study examined the geochemical properties and the distribution of mineral spring water, river water and bubbling gas in the Tsuwano Town, Shimane Prefecture, Western Japan. In Tsuwano, high Na-Cl concentration groundwater is discharged with bubbling gas mainly composed of CO$$_{2}$$. The geochemical properties of mineral spring water, gas, hydrogen-oxygen isotopes and rare gas isotopes suggest that mineral spring water at Tsuwano possibly contains deep-seated fluid. In addition, the largest flux of the deep-seated fluid is found along active fault, suggesting that active fault acts as a path way for fluid upwelling. Furthermore, In Tsuwano, deep-seated fluid discharges along the Lake Ohara-West Yauneyama fault system and surface fracture.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.