検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核燃料サイクル工学研究所Cf-252中性子線源の更新に伴う中性子放出率の決定

Determination of neutron emission rate associated with the replacement of Californium-252 neutron source at Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories

星 勝也 ; 吉田 忠義 ; 辻村 憲雄  ; 西野 翔  ; 岡田 和彦

Hoshi, Katsuya; Yoshida, Tadayoshi; Tsujimura, Norio; Nishino, Sho; Okada, Kazuhiko

核燃料サイクル工学研究所計測機器校正施設は、中性子校正場のCf-252中性子線源の減衰に伴い、新しい線源を購入した。旧線源は、国家計量標準研究所においてマンガンバス法による放出率の校正を受けていた。今回の更新にあたり、ボナー球や可搬型ロングカウンタを用いた測定によって放出率を決定することを試みた。ボナー球検出器等を用いて、放出率が既知の旧線源と未知の新線源について測定した結果、得られた計数率の比から放出率は1.48$$times$$10$$^{8}$$s$$^{-1}$$(不確かさ2.8%(k=2))と求められた。また、校正済み可搬型ロングカウンタを用いて、線源の中性子フルエンス角度分布を測定した。全立体角にわたる積分から求めた中性子放出率は、前述の測定によって決定した値とよく一致した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.