検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画,年度報告書; 2014年度

Mizunami Underground Research Laboratory Project annual report for fiscal year 2014

濱 克宏; 見掛 信一郎; 石橋 正祐紀; 笹尾 英嗣; 桑原 和道; 上野 哲朗; 大貫 賢二*; 別府 伸治; 尾上 博則; 竹内 竜史; 三枝 博光; 宗本 隆志; 加藤 利弘; 岩月 輝希; 岩崎 理代; 池田 幸喜; 佐藤 稔紀; 大澤 英昭; 小出 馨

Hama, Katsuhiro; Mikake, Shinichiro; Ishibashi, Masayuki; Sasao, Eiji; Kuwabara, Kazumichi; Ueno, Tetsuro; Onuki, Kenji*; Beppu, Shinji; Onoe, Hironori; Takeuchi, Ryuji; Saegusa, Hiromitsu; Munemoto, Takashi; Kato, Toshihiro; Iwatsuki, Teruki; Iwasaki, Riyo; Ikeda, Koki; Sato, Toshinori; Osawa, Hideaki; Koide, Kaoru

日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、「地層処分技術に関する研究開発」のうち深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を進めている。本計画は、「第1段階; 地表からの調査予測研究段階」、「第2段階; 研究坑道の掘削を伴う研究段階」、「第3段階; 研究坑道を利用した研究段階」の3段階からなり、2014年度は、2014年2月における深度500mステージの研究坑道の掘削工事の完了に伴い、超深地層研究所計画における深度500mまでの第2段階の調査研究を一旦終了し、これまで実施してきた各種モニタリングを含め、物質移動試験や再冠水試験等の第3段階の調査研究を進めた。本報告書は、2014年度に実施した調査研究、施設建設、共同研究等の成果を取りまとめたものである。

Japan Atomic Energy Agency (JAEA) at Tono Geoscience Center (TGC) is pursuing a geoscientific research and development project namely the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) Project in crystalline rock environment in order to construct scientific and technical basis for geological disposal of High-level Radioactive Waste (HLW). The MIU Project has three overlapping phases: Surface-based Investigation phase (Phase I), Construction phase (Phase II), and Operation phase (Phase III). The MIU Project has been ongoing the Phase III, as the Phase II was concluded for a moment with the completion of the excavation of horizontal tunnels at GL-500m level in February 2014. This report presents the results of the investigations, construction and collaboration studies in fiscal year 2014.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.