検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

飛行時間型即発$$gamma$$線分析による放射性核種分析の実現可能性

Feasibility of time-of-flight prompt $$gamma$$-ray analysis of a radionuclide sample

藤 暢輔 ; Huang, M.; 海老原 充*; 瀬川 麻里子; 木村 敦; 中村 詔司

Toh, Yosuke; Huang, M.; Ebihara, Mitsuru*; Segawa, Mariko; Kimura, Atsushi; Nakamura, Shoji

J-PARCの物質・生命科学実験施設(MLF)のBL04に設置された中性子核反応測定装置(ANNRI)においてパルス中性子を用いた多重即発$$gamma$$線分析法(TOF-PGA)の研究開発を実施してきた。本発表では、同手法を放射性核種を含む白金族試料に適用し、その分析可能性について検討した結果について報告する。核分裂生成物のうち、Tc-99, Pd-107を含む白金族試料を模擬した試料を測定し、それらの鮮明なピークを確認できた。Pd-107は純$$beta$$核種であり、Tc-99もほとんど$$gamma$$線を出さないため、他の放射性核種に比べて同定と定量が困難であるが、ANNRIにおけるTOF-PGAでは高確度な測定が可能であることを示唆する結果を得た。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.