検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

The States of the art of the nondestructive assay of spent nuclear fuel assemblies; A Critical review of the Spent Fuel NDA Project of the U.S. Department of Energy's Next Generation Safeguards Initiative

使用済み燃料集合体非破壊測定の最新技術状況; 米国エネルギー省の次世代保障措置イニシアティブでの「使用済み燃料非破壊測定プロジェクト」に関する批判的レビュー

Bolind, A. M.*; 瀬谷 道夫

Bolind, A. M.*; Seya, Michio

米国エネルギー省/国家安全保障庁の次世代保障措置イニシアティブ(NGSI)での「使用済み燃料非破壊測定プロジェクト」で検討されている14の最新の使用済み燃料集合体非破壊測定(NDA)技術手法に関する調査研究成果を報告するとともに、このNDAの精度の観点からの議論と批評を行う。この報告書では、現在提案されているNDA方法に関する主たる問題である測定結果の大きな曖昧さ(誤差)が、第一義的には独立な測定手法で行っていないことから発生していることを示す。この報告書では筆者らは、NDA結果を改善するためには、NDAの物理量が3次元構成となっているため、少なくとも3つの独立したNDA手法が必要であることを示す。

This report surveys the 14 advanced NDA techniques that were examined by the Spent Fuel NDA Project of the Next Generation Safeguards Initiative (NGSI) of the U.S. DOE-NNSA. It discusses and critique NDA techniques from a view point of obtaining higher accuracies. The report shows the main problem, large uncertainties in the assay results are caused primarily by using too few independent NDAs. In this report authors shows that at least three independent NDA techniques are required for obtaining better accuracies, since the physics of the NDA of SFAs is three dimensional.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.