検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幅広いアプローチ活動だより,56

News from Broader Approach activities, 56

星野 一生; 松永 剛; 奥村 義和*

Hoshino, Kazuo; Matsunaga, Go; Okumura, Yoshikazu*

幅広いアプローチ活動便り(56)では、国際核融合エネルギー研究センターサイトにおける原型炉R&Dのための共同研究棟の新築工事、IFMIF原型加速器の進展、サテライト・トカマク(JT-60SA)計画の進展に関して報告している。共同研究棟は、残りのBA活動期間に原型炉R&Dに関する研究開発の一部の課題を行う新たな場所として工事を進めており、主に材料評価のための実験室・材料試験室と金属ベリリウムの取り扱いのためのBe製造室で構成されている。IFMIF原型加速器では、改修やインターロックの試運転等を終え、4月に定格の陽子ビームの連続生成に成功、引き続き、放射線管理区域の設定後、7月には重水素イオンビームの生成に成功した。サテライト・トカマク計画では、世界最大級のヘリウム冷凍機及びHeバッファータンクの据え付けを完了した。また、第4回「JT-60SA日欧研究調整会議」を開催し、JT-60SAリサーチプラン、JT-60SA実験提案に向けた課題等について議論を行った。これら、BA活動における主要な出来事を国内コミュニティーに対して情報発信する。

The new construction of Joint Research Building for the DEMO R&D at IFERC, progress of the IFMIF Prototype Accelerator and the Satellite Tokamak (JT-60SA) project were reported. The Joint Research Building processing the construction as a new place where carry out a part of project for the DEMO R&D in the rest of the BA activity period and it mainly consists of the laboratory/material testing room for the material evaluation and Be production room for handling of the metal beryllium. For the IFMIF Prototype Accelerator, completed the repairs and test run of the Interlock, successful of the continuity rated proton beam, then after setting of the radiation control area, successful production of the deuterium ion beam. For the JT-60SA, the installation of a Helium refrigerator which is one of the world's largest and a He buffer tank have been completed. The 4th Research Coordination meeting was held and they discussed the research plan and theme for the experiment proposal of JT-60SA.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.