検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Deuterium permeation behavior for damaged tungsten by ion implantation

イオン照射により欠陥を導入したタングステンのトリチウム透過挙動

大矢 恭久*; Li, X.*; 佐藤 美咲*; 湯山 健太*; 小柳津 誠; 林 巧; 山西 敏彦; 奥野 健二*

Oya, Yasuhisa*; Li, X.*; Sato, Misaki*; Yuyama, Kenta*; Oyaizu, Makoto; Hayashi, Takumi; Yamanishi, Toshihiko; Okuno, Kenji*

3keV重水素イオンと10keV炭素イオンを照射したタングステンの重水素透過挙動を調べた。重水素イオンと炭素イオンを照射したタングステンにおいては、未照射タングステンと比して、重水素透過が明確に減少した。しかし、重水素のみを照射したタングステンでは1173Kまで加熱することにより未照射タングステンと同等にまで重水素透過が回復した一方で炭素イオンのみを照射したタングステンでは回復しなかった。このことから、タングステン中の炭素の存在はタングステン中の重水素の透過経路回復を妨げることが示唆された。さらに、TEM分析から1173Kではボイドの成長がみられるものの消滅していないことから、タングステン中の照射ダメージが回復してないことがわかり、この照射ダメージが水素透過挙動に大きな影響は及ぼさないことが示された。

The deuterium (D) permeation behaviors for ion damaged tungsten (W) by 3 keV D$$_{2}$$$$^{+}$$ and 10 keV C$$^{+}$$ were studied. The D permeability was obtained for un-damaged W at various temperatures. For both D$$_{2}$$$$^{+}$$ and C$$^{+}$$ implanted W, the permeability was clearly reduced. But, for the D$$_{2}$$$$^{+}$$ implanted W, the permeability was recovered by heating at 1173 K and it was almost consistent with that for un-damaged W. In the case of C$$^{+}$$ implanted W, the permeability was not recovered even if the sample was heated at 1173 K, indicating that the existence of carbon would prevent the recovery of permeation path in W. In addition, TEM observation showed the voids were grown by heating at 1173 K and not removed, showing the existence of damages would not largely influence on the hydrogen permeation behavior in W in the present study.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.48

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.