検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Report of cooperative research programs in the field of ion-beam breeding between Japan Atomic Energy Agency and Malaysian Nuclear Agency (Bilateral Cooperative Research)

日本原子力研究開発機構とマレーシア原子力庁によるイオンビーム育種分野における研究協力プログラムに関する報告(二国間研究協力)

Zaiton, A.*; 大野 豊

Zaiton, A.*; Ono, Yutaka

本報告書は、「放射線加工処理の分野における研究協力に関するマレーシア政府と日本原子力研究開発機構との間の実施取決め」に基づいて2002年12月から2012年12月にかけて国立研究開発法人日本原子力研究開発機構とマレーシア政府下の研究実施機関であるマレーシア原子力庁により実施された二国間研究協力についてまとめたものである。この間に実施された2つのイオンビーム育種分野における研究プログラム「イオンビームによるランの突然変異誘発」(2002年12月$$sim$$2007年12月)及び「イオンビームによる新規観賞植物品種の作出」(2007年12月$$sim$$2012年12月)の研究活動に加え、付録としてそれぞれの研究プログラムに係わる運営員会の開催状況、イオンビーム照射実験の実施状況、論文・口頭発表リストについて収録した。

This report summarizes Bilateral Cooperative Research between Japan Atomic Energy Agency and Malaysian Nuclear Agency (a representative of the Government of Malaysia) implemented from 2002 to 2012 under "THE IMPLEMENTING ARRANGEMENT BETWEEN THE GOVERNMENT OF MALAYSIA AND THE JAPAN ATOMIC ENERGY AGENCY ON THE RESEARCH COOPERATION IN THE FIELD OF RADIATION PROSSING". The research activities in two Cooperative Research Programs, "Mutation Induction of Orchid Plants by Ion Beams" and "Generating New Ornamental Plant Varieties Using Ion Beams" performed 2002-2007 and 2007-2012, respectively, are contained. The lists of steering committee meetings, irradiation experiments, and publications/presentations of each program are also attached in the Appendixes.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.