検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Multivariate volume rendering using transfer function synthesizer implemented in remote visualization system PBVR

伝達関数合成機能による多変量ボリュームレンダリングと遠隔可視化システムPBVRへの実装

河村 拓馬; 井戸村 泰宏; 宮村 浩子; 武宮 博

Kawamura, Takuma; Idomura, Yasuhiro; Miyamura, Hiroko; Takemiya, Hiroshi

本論文では多変量ボリュームレンダリング向けの新しい伝達関数設計手法を提案する。この手法は従来の1次元伝達関数や変量の論理演算によって多次元伝達関数を生成するものである。この手法は解析者が変量の相関を抽出したり、多変量に対するサーフェスやボリュームの統合表示をしたりできるようにする。そしてこの手法は幾つかのスーパコンピュータ上で最適化されている遠隔可視化システムPBVRに実装されている。原子力分野における燃料溶融の多層シミュレーションから得られたデータに対して実験を行い、溶融物の複雑な挙動を抽出することで有効性を示した。

In this paper, we propose a novel transfer function design technique for multivariate volume rendering. This technique generates a multidimensional transfer function by logical synthesis of variables and transfer functions. This technique enables analysts to extract correlation of variables and to combine multivariate surface and volume shapes. And this technique is implemented in Remote Visualization System PBVR optimized to several supercomputers. An experiment for the multi-phase fuel melting simulation result in the nuclear energy field shows the powerful ability of this technique enough by extracting complex behavior of molten materials.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.