検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

${it Arabidopsis pab1}$, a mutant with reduced anthocyanins in immature seeds from $$banyuls$$, harbors a mutation in the MATE transporter $$FFT$$

シロイヌナズナ$$banyuls$$から得た未熟種子におけるアントシアニン低下変異体$$pab1$$は、MATEトランスポーターである$$FFT$$に突然変異を有する

北村 智; 大野 豊; 鳴海 一成*

Kitamura, Satoshi; Ono, Yutaka; Narumi, Issey*

種皮にプロアントシアニジンに代わってアントシアニンを蓄積するシロイヌナズナ変異体banを用いて、イオンビームによる変異誘発を実施し、未熟種子におけるアントシアニン量の変化した変異体選抜を行うことで新規変異体pab1を得た。pab1はアントシアニン量が低下しているもののその合成酵素遺伝子の発現は正常であることがわかった。map-based cloningによってpab1変異体ではMATE型輸送体であるFFT遺伝子に変異が生じていることが明らかとなった。pab1変異体にFFT遺伝子を導入するとアントシアニン量が復帰したこと、FFT遺伝子が種皮のフラボノイド蓄積細胞層で発現していること、FFTタンパク質が液胞の膜に局在することから、FFTはアントシアニンの液胞蓄積のために液胞膜で機能していると考えられた。今回実施した変異体選抜を用いると、従来の変異体選抜では見つからないようなアントシアニン関連変異体が得られる可能性が示唆された。

Here, we used the Arabidopsis banyuls (ban) mutant, which accumulates anthocyanins, instead of colorless proanthocyanidin precursors, in immature seeds. We mutagenized ban plants and screened for mutants showing differences in pigmentation of immature seeds. The pale banyuls1 (pab1) mutation caused reduced anthocyanin pigmentation in immature seeds compared with ban, but showed normal expression of anthocyanin biosynthetic genes. Map-based cloning showed that two independent pab1 alleles disrupted the MATE-type transporter gene FFT/DTX35. Complementation of pab1 with FFT confirmed that mutation in FFT causes the pab1 phenotype. During development, FFT promoter activity was detected in the seed-coat layers that accumulate flavonoids. Anthocyanins accumulate in the vacuole and FFT fused to GFP mainly localized in the vacuolar membrane.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:27.67

分野:Biochemistry & Molecular Biology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.