検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Evaluation of neutron nuclear data on copper isotopes by a consistent method

統一的な手法による銅同位体に対する中性子核データ評価

中山 梓介

Nakayama, Shinsuke

銅は核融合炉用のヒートシンク材あるいは加速器駆動システム用の構造材などとして重要な元素である。それゆえ、銅同位体に対するより高精度の中性子核データが必要とされている。さらに、その核データを用いた計算から得られる種々の積分量の不確かさを評価するため、共分散データも必要とされている。共分散は、相異なる反応の断面積など、異なるデータ間の相関した不確かさを含むものである。JENDL-4.0の$$^{63,65}$$Cuに対する核データ評価ではいくつかの反応に対する断面積や角度分布は種々の計算コードによって計算されていた。共分散データの整備に向け、$$^{63,65}$$Cuに対する中性子核データをCCONEコードを用いた統一的な手法で評価した。

Copper is an important element relevant to heat sink material for fusion reactors, structural material for accelerator-driven systems, and so on. Therefore, more precise neutron nuclear data on copper isotopes are currently required. In addition, covariance data are also required to estimate uncertainties of various integral quantities obtained from calculation using the nuclear data. Covariance includes correlated uncertainties between different nuclear data, e.g. cross sections of different reactions. In evaluation on $$^{63,65}$$Cu of JENDL-4.0, the cross sections and angular distributions for several reactions were calculated by various computational codes. Towards preparation of covariance data, we evaluated neutron nuclear data on $$^{63,65}$$Cu by a consistent method using the CCONE code.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.