検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Experimental study on failure estimation method for circumferentially cracked pipes subjected to multi-axial loads

混合荷重条件が負荷された場合の周方向亀裂を有する配管の破壊評価手法に関する試験的研究

Li, Y.; 長谷川 邦夫; 三浦 直樹*; 星野 克明*

Li, Y.; Hasegawa, Kunio; Miura, Naoki*; Hoshino, Katsuaki*

原子力配管系の重要な荷重条件は、内圧,曲げ荷重及びねじり荷重である。これまでの周方向亀裂を有する配管の破壊評価手法は内圧及び曲げ荷重を考慮しているが、ねじり荷重を考慮していない。この背景を踏まえ、われわれはこれまでに有限要素法による極限荷重解析により、ねじり荷重の影響も考慮した亀裂を有する配管の破壊評価手法を提案した。本研究では、周方向亀裂を有するステンレス鋼小型配管試験体を対象に内圧による引張荷重、曲げ荷重及びねじり荷重を同時に負荷した破壊試験を実施した。これまでに提案した破壊評価手法により予測した破壊荷重は試験結果とよく一致したことから、提案手法の妥当性が確認できた。

To investigate the failure behavior of cracked pipes subjected to multi-axial loads including the torsion moment, failure experiments were performed on 20 mm diameter stainless steel pipes with a circumferential surface crack or a through-wall crack under combined axial force, bending and torsion moments. Based on the experimental results, the failure estimation methods were investigated.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:74.01

分野:Engineering, Mechanical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.