検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of active neutron NDA techniques for nuclear nonproliferation and nuclear security, 1; Study on next generation DDA

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,1; 次世代型DDAの研究

呉田 昌俊; 前田 亮; 大図 章; 飛田 浩

Kureta, Masatoshi; Maeda, Makoto; Ozu, Akira; Tobita, Hiroshi

原子力機構は、EC-JRCとの国際共同研究による「核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子非破壊測定技術開発」を進めている。本技術開発には、ダイアウェイ時間差分析法(DDA)、中性子共鳴透過分析法(NRTA)、即発$$gamma$$線分析法(PGA)、中性子共鳴捕獲$$gamma$$線分析法(NRCA)、遅発$$gamma$$線分析法(DGS)が含まれている。本技術開発は、使用済燃料や次世代型のMA核変換用燃料など高放射線量核燃料に適用できる非破壊測定技術としてそれぞれの技術を高度化することを目的としている。本報では、技術開発の現状と次世代型DDA技術に関する研究について報告する。このDDA技術開発の最終目的は、高線量核燃料を小さい計測の不確かさで計測ができるDDA技術を確立することである。次世代型DDAの特徴と、これを実現するため2017年にNUCEFに設置予定である統合試験装置Active-N、そしてデータ分析手法の開発の現状について発表する。

Under the collaboration program with EC Joint Research Center, we have carried out the R&D program "Development of active neutron NDA techniques for nuclear nonproliferation and nuclear security" with DDA (Differential Die-away Analysis), NRTA, PGA / NRCA and DGS. In this paper, we presents the outline of the current activity and study on next generation DDA. The goal of this study is to establish the DDA technique for high radiation nuclear materials with small measurement uncertainty. Lastly simulation study on newly developed prototype system "Active-N" which will be constructed at JAEA/NUCEF/BECKY facility in 2017 is presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.