検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ハイブリットエマルション法を用いたダブルハイパー核探索実験(J-PARC E07)

Double hypernuclei search experiment with hybrid emulsion method

佐甲 博之; 江川 弘行

Sako, Hiroyuki; Ekawa, Hiroyuki

バリオン間の相互作用の研究はハドロン物理の目的の一つで、u, d, sのクオークから成る軽い系の性質についてはSU(3)対称性を基に記述され、成功を収めている。ストレンジネス0, -1の系については豊富な実験データがあり研究が進んでいるが、-2の系については現状有用なデータは非常に少ない。ハイペロン同士の相互作用については寿命の短さから散乱実験が難しいため、ダブルハイパー核を研究するのが有効である。J-PARC E07実験ではダブルハイパー核をハイブリッドエマルション法によって探索する。本講演では、本照射を間近に控えたE07実験の現状について発表する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.