検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

温度変化を考慮したベントナイト緩衝材の膨潤量の計測について

Measurement of swelling volume of bentonite buffer material considering the influence of temperature

佐藤 文啓*; 金澤 伸一*; 林 久資*; 高山 裕介; 石山 宏二*

Sato, Fuminori*; Kanazawa, Shinichi*; Hayashi, Hisashi*; Takayama, Yusuke; Ishiyama, Koji*

高レベル放射性廃棄物の地層処分における人工バリアとその周辺岩盤を含むニアフィールド環境では、ガラス固化体に含まれる核種の崩壊熱やベントナイト緩衝材内への地下水侵入などの現象が相互に影響し合う熱-水-応力の連成プロセスが進行すると考えられる。この連成プロセスにおけるベントナイト緩衝材の力学挙動を解析により評価するためには、力学特性に与える温度や飽和度の影響を実験により把握し、これらの影響を反映できる構成モデルを構築する必要がある。そこで本研究では、ベントナイトの膨潤特性と温度の関係を把握するために、供試体を浸漬した保温水槽の水の温度を制御できる膨潤量試験装置を製作し、温度をパラメータとした膨潤量試験を実施した。その結果、温度が高いほどベントナイトの膨潤性が大きいことが示された。

In the present study, in order to examine the temperature effect on swelling characteristics of bentonite buffer, a swelling volume test equipment that can control temperature of water supplied to specimen is developed. Swelling volume test is conducted using water of 20 and 40. Test result shows that amount of swelling volume in case of 40 is larger than 20.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.