検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

表面電離法によるローレンシウムのイオン化エネルギー測定

Measurement of the first ionization energy of lawrencium (Z = 103) by surface ionization technique

佐藤 哲也

Sato, Tetsuya

表面電離イオン化過程におけるイオン化効率は、対象原子の第一イオン化エネルギーに依存することが知られており、この関係を利用することで、イオン化エネルギーを決定することができる。この手法は、低生成断面積・短寿命のためにイオン化エネルギーが測定されていない重アクチノイド元素ローレンシウム(Lr)の第一イオン化エネルギーを決定するために開発した。本手法について、詳しく解説する。

In the surface ionization process, an ionization efficiency depends on the first ionization potential of the atom of the element. The ionization potential can be estimated by using the relationship. This method has been developed in order to determine the first ionization potential of lawrencium (Lr, element 103). The value of the ionization potential of Lr have not been measured experimentally due to its low production rate and short half-life. The surface-ionization method is described in detail in this paper.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.