検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

環境中の空間線量率測定用スペクトル-線量変換演算子(G(E)関数)

Spectrum - dose conversion operator (G(E) function) for environmental air dose rate monitoring

津田 修一; 斎藤 公明

Tsuda, Shuichi; Saito, Kimiaki

東京電力福島第一原子力発電所事故後、福島県をはじめとする広域において、環境中の空間線量率測定が継続して実施されている。これらの測定で広く用いられているサーベイメータは、放射線施設等での放射線管理での利用を想定して、既知の放射線場で、一方向からの放射線入射により校正が行われている。一般に、測定器は入射する放射線の方向によって異なる感度を有しており、実際の環境中では、放射線は様々な方向から測定器に入射する。そこで本研究では、ほぼ無限に広がった地面に放射性核種が存在する環境をPHITSコード上で再現し、その環境下でサーベイメータに内蔵されているNaI(Tl)およびCsI(Tl)シンチレーション式検出器周辺線量当量(h*(10))に対するスペクトル-線量変換演算子(G(E)関数)を導出した。その結果、通常よく用いられるシンチレーション式測定器は、実際の環境中において+20%以内で環境線源に対する線量を再現することを明らかにした。発表では、種々の結晶形状およびサイズについて検討した一般的な結晶形状に対する検討結果を含めて報告する。

Air dose rate monitoring has been performed since the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident happened. In the measurement, NaI(Tl) and CsI(Tl) detectors are used, which are usually used in nuclear power plants and calibrated in a uniform irradiation condition in a radiation calibration field. In general, however, the detector responses are dependent on incident direction and in reality, the incident direction of the photons is not uniform in the environment. In this study, the spectrum - dose conversion operator (G(E) function) for h*(10) in a semi-infinite radiation field were obtained using the PHITS code for common scintillation detectors. The results indicate that the detectors obtain the doses within 20% accuracy under the real environment. The results for general scintillation detectors with various crystal configuration and size will be also reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.