検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ボナー球スペクトロメータで測定された中性子スペクトルとTLDバッジの中性子応答関数のフォールディング計算とその含意

Folding the BMS-measured workplace neutron spectra with the response functions of TLD badge and implication

吉田 忠義; 辻村 憲雄; 星 勝也

Yoshida, Tadayoshi; Tsujimura, Norio; Hoshi, Katsuya

作業場における中性子個人線量計の校正ファクタを決定する手順としては、(1)中性子校正場における校正、(2)特性のより良い測定器(レムカウンタなど)との比較測定(フィールド校正)、(3)計算による評価等があり、互いの結果は矛盾しないことが望ましい。そこで今回は(3)の方法として、線量計の中性子応答関数と作業場の中性子スペクトルとのフォールディング計算から校正ファクタを評価するとともに、そこに含まれる意味について述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.