検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「もんじゅ」の目指す研究開発

The R&D goal of Monju

廣井 博*; 荒井 眞伸; 木曽原 直之

Hiroi, Hiroshi*; Arai, Masanobu; Kisohara, Naoyuki

高速増殖原型炉「もんじゅ」は、平成7年に初送電を開始したが、その後、2次系ナトリウム漏えい事故の発生、平成23年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故(以下、東電福島事故と言う)とそれを受けての新規制基準の施行、平成24年に明らかとなった保守管理不備の問題などがあり、またこの間、高速増殖炉開発を取り巻く国内外の情勢も変化してきた。この様な状況を踏まえて「もんじゅ」の開発意義や実施すべき研究について改めて議論され、平成25年9月には「もんじゅ研究計画」が策定された。本研究計画では、エネルギー安全保障と廃棄物の減容・有害度低減が2本の柱として定められた。ここでは「もんじゅ」に関する内外の経緯と環境の変化及び「もんじゅ研究計画」の内容や今後の取組みについて紹介する。

The purpose of fast breeder reactors (FBR) and the role of Monju were discussed in Ministry of education, culture, sports science and technology-Japan (MEXT) after the Fukushima NNP accident. The discussion has concluded that FBRs contribute to energy security and reduction of high-level radioactive waste, and that Monju is to be utilized to demonstrate these usefulness and to implement international contributions. This paper addresses anticipated R&D results from Monju on the basis of the enforcement of new nuclear regulation, the energy situations in Japan and the international status of FBR development and collaborations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.