検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

材料試験炉ホットラボ排気筒におけるアンカーボルト減肉及びフランジプレートとアンカーボルトナット間の隙間に関する原因調査

Cause investigation for thinning of anchor bolts and gaps between anchor bolt nuts and a flange plate at the JMTR hot laboratory exhaust stack

柴田 晃; 北岸 茂; 渡士 克己; 松井 義典; 近江 正男; 相沢 静男; 那珂 通裕

Shibata, Akira; Kitagishi, Shigeru; Watashi, Katsumi; Matsui, Yoshinori; Omi, Masao; Sozawa, Shizuo; Naka, Michihiro

材料試験炉ホットラボの排気筒は、気体廃棄設備の一部として1970年に設置された高さ40mの自立式排気筒である。2015年、ホットラボの建家屋根の補修中に排気筒基礎部アンカーボルトの1本に減肉が確認されたため、排気筒の状況調査を実施した。また、当該調査中に、フランジプレートとアンカーボルトナット間に隙間が確認された。これを受け、安全確保のため排気筒円筒鋼板部(33m)を撤去したところ、最終的にアンカーボルト全数に減肉が確認された。原子力機構は再発防止を図るため、当該事象の原因調査を実施し、その結果、アンカーボルトの減肉は長期間に渡る水の浸入により生じ、また、フランジプレートとアンカーボルトナット間の隙間は、アンカーボルトの減肉した部位に2011年の東北地方太平洋沖地震を主要因として伸びが生じたことにより発生した事を明らかにした。

The exhaust stack of Japan Materials Testing Reactor Hot laboratory is a part of gaseous waste treatment system. It was built in 1970 and is 40 m in height. In 2015, thinning was found at some anchor bolts on base of the stack. When thinning of anchor bolts were investigated, gaps between anchor bolt nuts and flange plate was found. JAEA removed steel cylinder of stack which is 33 m in height for safety. In the end of investigation, thinning was found in all anchor bolts of the stack. Cause investigation for the thinning and the gaps were performed. It is concluded that the thinning was caused by water infiltration over a long period of time and the gaps were caused by elongation of thinning part of anchor bolts by the 2011 earthquake off the Pacific coast of Tohoku.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.