検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

パミールにおける新生代の地質構造発達史に関する最近の研究

Cenozoic tectonic evolution of the Pamir; A Review

小松 哲也

Komatsu, Tetsuya

パミールは中央アジアに位置し、ヒマラヤ-チベット山塊の西端を占める。本総説では、パミールにおける地質構造発達史に関する以下の知見を紹介する。(1)パミールの範囲,気候,地形、(2)パミールの地質構造発達史の理解において鍵となる「テレーンとその成り立ち」、「変成岩ドーム」、「火山活動とアルカリ深成岩の貫入」、「断層とその活動史」、(3)「パミールを含めたヒマラヤ-チベット山塊の沈み込み帯」と「パミールの現在の地殻変形」、(4)パミールにおける新生代の地質構造発達史とそれに係るいくつかのトピック、(5)パミールを対象としたテクトニクス研究についての展望

The Pamir is a mountain region of the westernmost part of the Himalayan-Tibetan orogen and extends $$sim$$300 km from north to south and 300-400 km from west to east. The Pamir lies on a double subduction zone, where two buoyant continental lithospheric plates have subducted several hundred kilometers deep into the asthenosphere. The southern plate is the northward-dipping Hindu Kush slab, and the northern plate is the southward-dipping Pamir slab. This paper reviews recent studies on the Cenozoic tectonic evolution of the Pamir in this unique tectonic setting.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.