検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射線挙動解析コードPHITSを用いた宇宙線被ばく線量評価

Cosmic-ray dosimetry based on the PHITS code

佐藤 達彦; 永松 愛子*; 上野 遥*; 片岡 龍峰*; 三宅 晶子*; 武田 和雄*; 仁井田 浩二*

Sato, Tatsuhiko; Nagamatsu, Aiko*; Ueno, Haruka*; Kataoka, Ryuho*; Miyake, Shoko*; Takeda, Kazuo*; Niita, Koji*

モンテカルロ放射線挙動解析コードPHITSを基盤技術として、宇宙線被ばく線量評価モデルの開発を進めている。具体的には、まず、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が中心となって開発を進めている任意軌道の宇宙線環境評価モデルにより宇宙機外の宇宙線フラックスを計算する。次に、その情報を入力情報として国際宇宙ステーション(ISS)など宇宙機内における宇宙線挙動をPHITSで詳細に解析することにより、その中に滞在する宇宙飛行士や半導体機器の被ばく線量を推定する。発表では、PHITSや宇宙線環境評価モデルの概要を中心に紹介する。

We are developing the computational dosimetry system used for cosmic-ray exposure, based on the Particle and Heavy Ion Transport code System PHITS. In the system, cosmic-ray environments outside spacecraft are estimated from the JAXA's space-radiation environment model, while cosmic-ray environments inside spacecraft are determined from the PHITS simulation. The details of the system will be presented at the meeting.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.