検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核不拡散非破壊測定技術の開発,2; 中性子共鳴透過分析法

Development of non-destructive technique for nuclear nonproliferation, 2; Neutron resonance transmission analysis

土屋 晴文

Tsuchiya, Harufumi

近年、核保障措置や核セキュリティの観点から、使用済み核燃料や次世代のMA-Pu核燃料、燃料デブリ中の核物質を非破壊により測定する重要性が増している。その重要性に叶う非破壊分析技術の一つに中性子共鳴透過分析 法[Neutron Resonance Transmission Analysis(NRTA)]がある。NRTAは中性子飛行時間測定技術に立脚した技術で、精密さが要求される核データ測定に長年、使われている。実際、核物質の定量にNRTAが有効であることは、過去の測定から示されている。しかし、現状のNRTAシステムは大型の電子線加速器施設を利用しているため、汎用性に欠ける一面があった。そこで、NRTAシステムの小型化を目指し、われわれは小型NRTA装置の研究開発に着手した。本発表では、小型NRTA装置として、DT中性子発生管と小型電子線加速器を利用した場合について、中性子強度やパルス幅の影響を検討した結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.