検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力における水素安全対策高度化ハンドブック(第1版)

Handbook of advanced nuclear hydrogen safety (1st Edition)

日野 竜太郎; 竹上 弘彰; 山崎 幸恵; 小川 徹

Hino, Ryutaro; Takegami, Hiroaki; Yamazaki, Yukie; Ogawa, Toru

福島第一原子力発電所事故後に、シビアアクシデント時の水素対策は、我が国において大きな技術的課題として認識されるにいたった。しかし、原子力技術者と燃焼・爆発の専門家との間で共通の知識基盤を形成し、将来の原子力安全を確保、向上させていく努力は始まったばかりである。そのような活動の一つとして、「原子力における水素安全対策高度化ハンドブック」を、資源エネルギー庁受託事業「水素安全対策高度化」の一環として作成した。本ハンドブックでは以下を目指した:(1)原子力の技術者が理解しておくべき水素安全技術の先端を示す、(2)原子力技術者に協力すべき燃焼、爆発専門家向けに、原子力における水素安全の要点が示されているものとする、(3)事故後廃棄物管理までを視野に入れて、放射線分解水素に関する情報を拡充する、(4)過酷事故解析等の特定・狭義の専門家を対象にするものではなく、高度な解析式なしに迅速に図表で判断を助けるものとする、(5)解析技術者にも役立つように、詳細なデータベースの所在や、最新の解析ツールのオーバービューを添える。

In the aftermath of the Fukushima nuclear accident, safety measures against hydrogen in severe accident have been recognized as a serious technical problem in Japan. Therefore, efforts have begun to form a common knowledge base between nuclear engineers and experts on combustion and explosion, and to secure and improve future nuclear energy safety. As one of such activities, we have prepared the "Handbook of Advanced Nuclear Hydrogen Safety" under the Advanced Nuclear Hydrogen Safety Research Program funded by the Agency for Natural Resources and Energy of the Ministry of Economy, Trade and Industry. The concepts of the handbook are as follows: to show advanced nuclear hydrogen safety technologies that nuclear engineers should understand, to show hydrogen safety points to make combustion-explosion experts cooperate with nuclear engineers, to expand information on water radiolysis considering the situation from just after the Fukushima accidents and to the waste management necessary for decommissioning after the accident, etc.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.