検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

燃料デブリ空冷評価手法の開発,3; デブリ分布・構造物の影響評価

Development of evaluation method for air cooling of fuel debris, 3; Effects of debris distribution and shape

山下 晋; 上澤 伸一郎; 吉田 啓之 

Yamashita, Susumu; Uesawa, Shinichiro; Yoshida, Hiroyuki

原子炉格納容器内に存在する燃料デブリの取り出し工法においては、大きく分けて水中で取り出しを行う冠水工法及び気中で行う気中工法がある。原子力機構では、燃料デブリ分布範囲を気中とし、水冷、散水を全く行わない完全気中工法の実現可能性を評価するための手法開発を行っている。この工法の特徴は汚染水が発生せず格納容器を止水する必要が無いといった特徴があるが、その冷却評価には不確かさが存在する。本報では、デブリの分布及び周囲の構造物が温度場に与える影響についての評価した結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.