検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力施設等の緊急時における被ばく評価事例集

Case studies of radiation dose assessment in emergency situation of nuclear facilities

川崎 将亜; 中嶌 純也; 吉田 圭佑; 加藤 小織; 西野 翔; 野崎 天生; 中川 雅博; 角田 潤一; 菅谷 雄基; 長谷川 里絵; 古谷 美紗; 辻 智也; 竹内 絵里奈; 嘉成 由紀子; 石井 雅人; 森下 剣; 東 大輔

Kawasaki, Masatsugu; Nakajima, Junya; Yoshida, Keisuke; Kato, Saori; Nishino, Sho; Nozaki, Teo; Nakagawa, Masahiro; Tsunoda, Junichi; Sugaya, Yuki; Hasegawa, Rie; Furutani, Misa; Tsuji, Tomoya; Takeuchi, Erina; Kanari, Yukiko; Ishii, Masato; Morishita, Ken; Higashi, Daisuke

原子力施設の事故発生時においては、事故による影響及びその範囲を迅速に把握するために、放出された放射性物質による一般公衆への影響や事故による作業者の個人被ばく線量を早期に評価し報告することが求められる。そのため、原子力科学研究所放射線管理部においては、事故発生時の迅速な対応に資するために、一般公衆及び作業者の被ばく線量評価について、評価方法及び必要となる各種パラメータ等を想定される事故事例ごとにまとめ、事例集を整備した。本事例集では、原子力科学研究所で想定される各種事故に加え、過去の原子力事故で放出された放射性物質による被ばく評価について扱っており、これらは緊急時における被ばく評価についての知見・技術の継承にも用いることができる。

In emergency situation of nuclear facilities, we need to estimate the radiation dose due to radiation and radioactivity to grasp the influence range of the accident in the early stage. Therefore, we prepare the case studies of dose assessment for public exposure dose and personal exposure dose and contribute them to emergency procedures. This document covers about accidents of nuclear facilities in Nuclear Science Research Institute and past accident of nuclear power plant, and it can be used for inheritance of techniques of emergency dose assessment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.