検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

非定常電気泳動とEPMAによるコンクリート中の塩化物イオン拡散係数の迅速測定

Rapid measurement of the chloride diffusion coefficient in concrete from combination of non-steady-state migration experiment and EPMA

荻野 正貴*; 大脇 英司*; 白瀬 光泰*; 中山 雅

Ogino, Masataka*; Owaki, Eiji*; Shirase, Mitsuyasu*; Nakayama, Masashi

塩化物イオンの拡散係数はコンクリートの耐久性を評価する重要な指標であるが、耐久性の高いコンクリートは物質透過抵抗性に優れるため、測定に時間を要する。われわれは非定常の電気泳動操作にEPMAを組み合わせた迅速法について検討した。浸入した塩化物イオンについて、浸入範囲と濃度分布を求め、塩化物イオンの分布から電気泳動が主たる輸送機構ではないと判断される浸入範囲を除外し、Nernst-Planckの式により拡散係数を求めた。この拡散係数は、塩水浸せき試験により得られる値とほぼ同等である。従来の試験と比較し、試験期間を1$$sim$$2割程度に短縮できる可能性があることが確認できた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.