検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

再冠水試験に伴う埋め戻し試験,2; 坑道埋め戻し材の水理学的挙動の重要因子の推定

Backfilling test in the groundwater recovery experiment, 2; Effective factors on saturation of backfilling material

尾崎 裕介; 尾上 博則; 高山 裕介; 高安 健太郎; 竹内 竜史

Ozaki, Yusuke; Onoe, Hironori; Takayama, Yusuke; Takayasu, Kentaro; Takeuchi, Ryuji

本研究では、瑞浪超深地層研究所の深度500mに位置する冠水坑道で実施しているボーリングピットの埋め戻し試験を対象として、埋め戻し材内部の飽和度変化に影響を与える要因を数値解析を用いて推定した。埋め戻し材の膨潤変形の有無を考慮した解析を実施したところ、埋め戻し材の膨潤特性は飽和度変化にあまり影響しないことを確認した。また、埋め戻し材の透水性に関する解析では、実際に想定される埋め戻し材の透水性よりも100倍高い場合を想定した解析結果においても、定常状態に至るまで200日程度かかり、ピット中心付近では完全に飽和しないことが確認された。これに対し、不飽和特性を変化させた場合の解析では、モーレム定数を大きくした場合に埋め戻し材が数日程度でほぼ飽和することが確認された。これらの結果より、埋め戻し材の不飽和特性が埋め戻し材内部の飽和度変化に影響を与えるパラメータであり、埋め戻し材の飽和度変化を精度よく推定するためには、不飽和特性に関するデータを取得することの必要性が示された。

The purpose of this study is to identify factors that dominate the saturation in bentonite mixture material during drift closure test. The bentonite mixture buried in two pits in the test drift is monitored to evaluate its hydro-mechanical behavior during the test. To clear the factors effective to the saturation in the mixture, we perform numerical simulation focusing on the effect of swelling, hydraulic conductivity and unsaturated characteristics in the mixture. Our simulation results show that the unsaturated characteristics of the mixture have the greatest effect on the saturation in the mixture. For accurate estimation of saturation change in the mixture, unsaturated characteristics data is key information.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.