検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Intruder configurations in the ground state of $$^{30}$$Ne

$$^{30}$$Neの基底状態における侵入者配位

Liu, H. N.*; Lee, J.*; Doornenbal, P.*; Scheit, H.*; 武内 聡*; 青井 考*; Li, K. A.*; 松下 昌史*; Steppenbeck, D.*; Wang, H.*; 馬場 秀忠*; 井手口 栄治*; 小林 信之*; 近藤 洋介*; Lee, G.*; 道正 新一郎*; 本林 透*; Poves, A.*; 櫻井 博儀*; 武智 麻耶*; 栂野 泰宏*; Tostevin, J. A.*; 宇都野 穣

Liu, H. N.*; Lee, J.*; Doornenbal, P.*; Scheit, H.*; Takeuchi, Satoshi*; Aoi, Nori*; Li, K. A.*; Matsushita, Masafumi*; Steppenbeck, D.*; Wang, H.*; Baba, Hidetada*; Ideguchi, Eiji*; Kobayashi, Nobuyuki*; Kondo, Yosuke*; Lee, G.*; Michimasa, Shinichiro*; Motobayashi, Toru*; Poves, A.*; Sakurai, Hiroyoshi*; Takechi, Maya*; Togano, Yasuhiro*; Tostevin, J. A.*; Utsuno, Yutaka

理化学研究所のRIBFにて、中性子過剰核$$^{30}$$Neビームを生成し、それを用いた$$^{12}$$C($$^{30}$$Ne, $$^{29}$$Ne+$$gamma$$)$$X$$陽子ノックアウト反応にて$$^{29}$$Neの励起状態を調べた。また、運動量分布も調べることにより、生成された状態のスピン・パリティを推定した。得られた励起準位の構造は、中性子数20が魔法数であると仮定したものとは大きく異なり、この原子核で侵入者配位(殻ギャップを超えて励起した状態)が基底状態および低励起状態が支配的となっていることがわかった。$$sd$$殻と$$pf$$殻の下半分の軌道を取り入れた大規模殻模型計算はこうした準位構造の性質自体は再現するものの、より定量的な一致を得るには$$pf$$殻を完全に取り入れた計算が必要であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:18.72

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.