検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

再冠水試験におけるボーリングピットの埋め戻し試験

Backfilling test in drilling pits as part of Groundwater REcovery Experiment in Tunnel (GREET) Project

高安 健太郎; 大貫 賢二*; 川本 康司*; 高山 裕介; 見掛 信一郎; 佐藤 稔紀; 尾上 博則; 竹内 竜史

Takayasu, Kentaro; Onuki, Kenji*; Kawamoto, Koji*; Takayama, Yusuke; Mikake, Shinichiro; Sato, Toshinori; Onoe, Hironori; Takeuchi, Ryuji

日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発のうち、超深地層研究所計画に基づき、結晶質岩(花崗岩)を対象として三つの必須の課題(地下坑道における工学的対策技術の開発、物質移動モデル化技術の開発、坑道埋め戻し技術の開発)の調査研究を進めている。これらの研究開発課題のうち、坑道埋め戻し技術の開発の一環として再冠水試験を実施している。この試験は、坑道掘削による周辺岩盤や地下水に及ぼす影響が、坑道の冠水によって回復する過程を把握することを目的として、深度500mの水平坑道の北端部切羽より約40m手前に止水壁を施工して冠水坑道とし、再冠水して実施するものである。本報告書は、再冠水試験の一環として2014年度に実施した冠水坑道のピットにベントナイト混合土を用いた埋め戻し試験と埋め戻し施工の結果、及び引き続き2014年9月から2016年3月までのピットでの観測結果を報告するものである。

The Groundwater REcovery Experiment in Tunnel (GREET) was put into effect as development of drift backfilling technologies. This test was conducted by making the Closure Test Drift (CTD) recovered with water after carrying out a plug around 40m distance from northern edge face of horizontal tunnel of depth 500m, for the purpose of investigation of recovering process of rock mass and groundwater under the influence of excavation of tunnel. This report presents the efforts of backfilling investigation using bentonite composite soil and execution of backfilling into borehole pits excavated in the CTD which were carried out in fiscal 2014 as a part of GREET, and succeeding observation results inside pits from September 2014 to March 2016.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.