検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Stabilization of timing system operation of J-PARC Linac and RCS

J-PARC LinacおよびRCSにおけるタイミングシステム動作の安定化

高橋 博樹; 林 直樹; 伊藤 雄一*; 川瀬 雅人*; 澤邊 祐希*

Takahashi, Hiroki; Hayashi, Naoki; Ito, Yuichi*; Kawase, Masato*; Sawabe, Yuki*

J-PARC LinacおよびRCSのタイミングシステムデータ(遅延値、ステータスなど)は、統括計算機によって監視、制御される。この統括計算機ハードウェアを更新後に、タイミングシステムにおいてデータ破損(誤データの伝送)が発生するようになった。そこで、タイミングシステムVMEのソフトウェアに新たな機能を追加し、データ破損の原因調査を行った。調査によりPCI-Expressリフレクティブメモリが接続された場合に発生すること、および、約25枚のリフレクティブメモリが接続されるとデータ破損が発生することが明らかとなった。本報告では、調査の詳細と、調査結果に基づいて実施したタイミングシステムの運用安定化について報告する。

The timing system data (delay value, status, etc.) of J-PARC Linac and rapid cycling synchrotron is managed by a computer. After updating this hardware, we encountered the problem of data corruption in the timing system. Therefore, we added a function to the software for the timing system VME and investigated the cause of the problem. The investigation results showed a problem with the network connected PCI-Express reflective memory. We implemented measures for stabilizing the timing system operation based on this result.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.