検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

大気拡散計算に関連する気象観測データの解析; 2005年度$$sim$$2015年度

Analysis of meteorological observation data for the atmospheric diffusion calculation; FY2005-2015

西村 朋紘; 小沼 利光*; 水谷 朋子; 中野 政尚

Nishimura, Tomohiro; Onuma, Toshimitsu*; Mizutani, Tomoko; Nakano, Masanao

日本原子力研究開発機構バックエンド研究開発部門核燃料サイクル工学研究所では昭和30年代から気象観測を継続して実施している。再処理施設から大気放出される放射性気体廃棄物を環境影響評価に使用する目的で1974年には気象観測塔を設置して観測を行い、2013年12月からはドップラーソーダによる観測に移行した。本報告書は、2006年3月に報告された「大気拡散計算に関連する気象観測データの解析; 1995年度$$sim$$2004年度 (JAEA-Technology 2006-008)」以降、2005年度から2015年度までの11年間に実施した大気拡散計算に関連する気象統計結果を取りまとめ、気象要因に関連する大気拡散の特性について考察した。

The meteorological observation has been performed since 1969's in the Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories, JAEA after 1974. The meteorological observation data has been applied for the calculation of the atmospheric diffusion of radioactive wastes since the hot run was started 1977. This report presents statistical results of meteorological observation based on the decadal data from fiscal year 2005 to 2015. The characteristics of atmospheric diffusion related to the meteorological parameter are also discussed in this report.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.