検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

結晶質岩を対象とした長期岩盤挙動評価手法に関する研究(共同研究)

Study on crystalline rock aiming at evaluation method of long-term behavior of rock mass (Joint research)

福井 勝則*; 羽柴 公博*; 松井 裕哉

Fukui, Katsunori*; Hashiba, Kimihiro*; Matsui, Hiroya

原子力機構は、岩盤の長期挙動を把握・評価できる技術の確立に資するため、年単位を超えるような岩石の長期クリープ試験や、高レベル放射性廃棄物の地層処分において想定される常温から100$$^{circ}$$C程度の高温条件下での岩石の長期挙動を把握するための技術の開発等を実施し、想定される様々な条件下での岩石の長期挙動現象の特徴やその程度に関する実験的評価を行うことを目的とした研究を、共同研究として2016年度から開始した。2016年度は、既往の研究成果を踏まえ、20年程度継続して実施している田下凝灰岩のクリープ試験を引き続きおこなった。また、速度過程論や確率過程論にもとづく理論を水の影響を扱えるように修正し、気乾状態と湿潤状態における強度試験とクリープ試験の結果をもとに、修正した理論の妥当性を検証した。さらに、種々の含水状態のもとで一軸圧縮試験を行い、応力-歪曲線におよぼす含水状態の影響について検討した。

JAEA has started this study as a collaboration study with Tokyo University from 2016. In the fiscal year of 2016, creep testing on Tage tuff was continuously conducted. Existing theory of rate process and stochastic process was modified to be applied to evaluate effects of water, and then the modified theory was validated based on the results of strength and creep tests performed under dry and wet conditions. Furthermore, effects of water contents on stress-strain curves were examined by uniaxial compression testing under various water content conditions.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.