検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC LINAC/RCSタイミングシステム安定運用に向けた改良

Improvement of a timing system in J-PARC Linac/RCS

澤邊 祐希*; 高橋 博樹; 伊藤 雄一*; 川瀬 雅人*

Sawabe, Yuki*; Takahashi, Hiroki; Ito, Yuichi*; Kawase, Masato*

J-PARC加速器は、400MeVリニアック(LINAC)、3GeVシンクロトロン(RCS)、50GeVシンクロトロン(MR)で構成されている。J-PARCのタイミングシステムは各加速器の同期をとり、最大25Hz周期のビーム供給を実現している。LINAC及びRCSのタイミングシステムでは、タイプ列、Look Up Table(LUT)、ビームタグ等のデータ転送にリング型のリフレクティブメモリ(RFM)ネットワークを採用している。2016年6月、このRFMネットワーク内の通信異常により、データ転送不具合が発生した。当時の環境では、原因箇所の特定に難航し、復旧まで長時間を要した。この経験から、RFMネットワークの状態監視環境を整備するとともに、RFMネットワークのデータ転送を統括する計算機の二重化を行った。また、RFMネットワークを介すことなく、各RFMの状態監視を可能とするsyslogサーバの整備を行った。この結果、本改良後にRFMネットワーク内のタイミング用VMEで動作不良が発生したが、即座に対象機器が特定でき、早期復旧を実現することができた。本発表では安定運用を目的としてJ-PARC LINAC/RCSのタイミングシステムに行った改良の詳細について報告する。

In the timing system of J-PARC LINAC/RCS, the ring type Reflective Memory (RFM) network is adopted for data transfer. In June 2016, a data transfer failure occurred due to communication error on the RFM network, and it took a long time to recover. From this experience, we have created the environment to monitor of the RFM network status, and we duplicated the computer which manages the data transfer on the RFM network. In Addition, we have also created the syslog function as an environment to monitor each RFM even if data transfer failure occurs on the RFM network. After these improvements, a trouble occurred in the timing system VME. At the same time, the target device was immediately identified by these functions, and the timing system could be recovered quickly. In this paper, the details of improvement for stable operation in the timing system of J-PARC LINAC / RCS are presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.